設置後10〜45年を経過したコンクリート魚礁の写真集


 コンクリート製の魚礁は、昭和29年(1954)から始まった「並型魚礁設置事業」に使われて以来、漁場造成の主要構造物として約50年の歴史を刻んでいます。その間、多種多様な魚礁開発がなされ日本各地の海域に設置され高い効果を発揮しております。
 本資料は、沈設から長年(10年〜45年)が経過した、コンクリート魚礁の持続的な構造的安定性と増殖蝟集効果を写真にて紹介させて頂きます。
 
調査箇所 秋田県 秋田沖
経過年数 14年
造成年度 昭和61年度
調査年月 平成11年7月
設置水深 31m
魚礁名称 1.5角型
蝟集魚種 メバル
   
調査箇所 秋田県 秋田沖
経過年数 14年
造成年度 昭和61年度
調査年月 平成11年7月
設置水深 31m
魚礁名称 1.5角型
蝟集魚種 メバル
   
調査箇所 秋田県 象潟沖
経過年数 15年
造成年度 昭和62年度
調査年月 平成13年7月
設置水深 36m
魚礁名称 1.5角型
蝟集魚種 ヒゲソリダイ
   
調査箇所 秋田県 象潟沖
経過年数 15年
造成年度 昭和62年度
調査年月 平成13年7月
設置水深 36m
魚礁名称 1.5角型
蝟集魚種 ヒゲソリダイ
   
調査箇所 福井県 美浜沖
経過年数 17年
造成年度 昭和59年度
調査年月 平成12年8月
設置水深 63m
魚礁名称 FP魚礁
蝟集魚種 マアジ
   
調査箇所 新潟県 赤泊沖
経過年数 44年
造成年度 昭和34年度
調査年月 平成14年10月
設置水深 35m
魚礁名称 1.03角型
蝟集魚種 メバル、スズメダイ
調査箇所 新潟県 赤泊沖
経過年数 46年
造成年度 昭和32年度
調査年月 平成14年10月
設置水深 35m
魚礁名称 円筒型
蝟集魚種 メバル
 
調査箇所 福井県 美浜沖
経過年数 17年
造成年度 昭和59年度
調査年月 平成12年8月
設置水深 63m
魚礁名称 FP魚礁
蝟集魚種 マダイ
   
調査箇所 長崎県 大島沖
経過年数 14年以上
造成年度 昭和61年度
調査年月 平成11年6月
設置水深 48m
魚礁名称 2.0角型
蝟集魚種 ネンブツダイ
 
調査箇所 鹿児島県 上甑沖
経過年数 22年
造成年度 昭和53年度
調査年月 平成11年10月
設置水深 59m
魚礁名称 1.5角型
蝟集魚種 ネンブツダイ、マアジ
調査箇所 鹿児島県 下甑沖
経過年数 15年
造成年度 昭和60年度
調査年月 平成11年10月
設置水深 40m
魚礁名称 1.5角型
蝟集魚種 イサキ
 
調査箇所 鹿児島県 下甑沖
経過年数 15年
造成年度 昭和60年度
調査年月 平成11年10月
設置水深 40m
魚礁名称 1.5角型
蝟集魚種 イサキ